法律家を目指す人たちの第一歩となる法科大学院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

司法制度改革の一環として、2004年に創立されたのが法科大学院です。一般に「ロースクール」と呼ばれる法科大学院ですが、具体的にどんな学校なのか詳しくない方も少なくないでしょう。そこで、ここでは法科大学院とは何かということについてお伝えします。

法科大学院とは

法科大学院とは、弁護士、裁判官、検察官など法曹の人材を養成するために専門の教育を行う大学院です。少人数制での専門教育を前提としており、双方向授業や体験学習、実務研修など、密度の濃い授業を行っています。また、研究者のみならず実務家も教壇に立ち、理論だけでなく実務をバランスよく習得できるように考えられているのが特徴です。

社会人が学べる教育機関

法科大学院では、さまざまなバックグラウンドを持つ人たちが学べるよう、法学を過去に学んできた人たちだけでなく、これまで法律にはまったくの門外漢だった人も学べるように、法学未修者を対象としたコースも設けられています。社会人にも門戸が広く開かれているのが大きな特徴です。法学部以外を卒業したものの、社会に出て働くうちに法律を専門的に学びたくなった人たちがたくさん学んでいます。

3年コースと2年コースがある

法科大学院には、法学未修者を対象とした3年のコースと、大学の法学部ですでに法学を学んでいる人たちを対象にした2年コースがあります。3年コースが標準コースです。このコースでは、憲法、刑事法、民法、商法、行政法など、法学の基本科目を初歩の段階から一歩ずつ身につけていき、法曹としての素養を作ることを目的としています。法学部出身者でもこのコースに入学可能ですが、その多くは法学部以外の出身者です。

2年コースは法学既修者コースと呼ばれています。おもに法学部の出身者が選ぶコースですが、法学部出身者以外でも、法科大学院が実施する基本科目試験において合格することで入学可能です。

修了すると司法試験の受験資格が得られる

法科大学院とは法曹としての素養を固めるための養成機関であるため、課程を修了すると司法試験の受験資格が得られます。それだけに、修了認定を受けられるのは一定の成績を収めたと認められた者だけです。

つまり、司法試験を受験するレベルに達しなければ、法科大学院を修了することはできません。司法制度改革の一環として、法曹の専門性をこれまで以上に強化するために創設された教育機関ですから、修了認定が厳しいのは当然でしょう。法律家を目指す熱意に燃えた人たちが、第一歩を踏み出すための大学院なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加